自分達もゲストも忘れられないような、特別な和風ウエディングにしよう!

和風でも人前式なら制約が少ない

純白のドレスやベールに身を包んで、教会で結婚式を挙げるのも素敵ですよね。でも、白無垢や色打掛を着て行う和風の結婚式にも、独特の良さがあります。欧米発祥のブライダル文化や流行が次から次へと入ってくる西洋風の結婚式と異なり、和風の結婚式だと演出や挙式スタイルの種類が少ないように思われがちですが、実際にはこちらのタイプも多様化が進んでいるんですよ。和風の人前式を計画している人は、自分たちで自由に結婚式の内容や時間を決めることができます。演出面でも、新郎新婦の入場の時に和傘や人力車などを取り入れてみたり、水合わせの儀や貝合わせの儀などを行ってみたり、さらにそれぞれの演出に現代風のアレンジも加えるのもいいですよね。

意外に種類の多い和風の結婚式

神社や式場内の神殿で行う神前式や、新郎新婦どちらかの菩提寺で行う仏前式などがよく知られていますよね。これら以外にも多彩な和風ウエディングのプランがあるんですよ。なるべく予算をかけたくない、結婚式の準備にかかる手間を省きたいという人達の間で人気の高いフォトウエディングですが、古民家や日本庭園で撮影をするプランを選ぶこともできます。白無垢などの衣装や小物はレンタルできるので、自分たちで用意する必要もありません。フォトプランには、撮影だけで終わる必要最小限の内容で構成されたタイプと、料亭での食事会とセットになったプランがあるので、自分達だけではなくお互いの両親の意見も尊重しながら決めましょう。人前式の一種として、料亭を借りて行う祝言というスタイルもいいですね。

美しい社殿の中、雅楽の調べとともに執り行われる厳かな神前式。由緒ある鶴岡八幡宮で結婚式を挙げる喜びは、二人の心に刻まれる一生の思い出となることでしょう。