今ドキ演出のひとつ!「セカンドミート」について知りたい!

セカンドミートとは?

結婚式で初めて新郎にウェディングドレス姿を見せる演出を、「ファーストミート」といいます。今ではすっかり浸透した演出ですが、まだまだ新鮮な演出が「セカンドミート」。これは、お色直しのドレス姿を結婚式当日に初めて新郎に見せる演出のことです。

お色直しは、真っ白なウェディングドレスからカラードレスや色打掛に着替えることで、「あなたの色に染まります」という意味があります。どんな色や衣裳を選んだのか、当日まで新郎は知ることができません。

衣裳選びは一緒に行けません!

ここでの注意点は、当日まで衣裳を内緒にするために、一緒に衣裳選びに行けないということです。そのため、優柔不断な新婦はちょっと苦労するかもしれません。新郎の好きな色や、着てほしいカラードレスの色などを、あらかじめ聞きだしているとドレスが決めやすいですね。

また、新郎も合わせてお色直しを行う場合は、どんなドレスのカラーにも合わせやすいライトグレーやオフホワイトのタキシードがおすすめです。

セカンドミートっていつ行うの?

結婚式が始まる前や、挙式中に行うことのできるファーストミートとは違い、セカンドミートはお色直しの中座中に行う場合が多いので、ファーストミートより時間が取りづらいこともあります。披露宴会場にふたり一緒に再入場することにこだわらなければ、新郎と新婦が別々に披露宴会場に入場し、ゲストの前でセカンドミートを行う演出をしてもいいですね。中座中にセカンドミートを行う場合は、しっかり写真や映像に残してもらいましょう。

京都の結婚式場は、古都のロケーションを生かした和テイストの演出を取り入れることのできるところも多くあり、国内外のカップルから人気があります。